2019年02月15日

岩見沢のC57135号機

日本で最後の蒸気機関車旅客列車は昭和50年12月14日、室蘭発岩見沢行きの普通列車でした。
私はその列車を母親と祖父と三人で岩見沢の自宅近くの線路端にて待っていました。
いつまで待っても来ない列車に、当時子供だった私はしびれを切らしてもう帰ろうとぐずったのですが、
当初予定より1時間も遅れて最後の蒸機列車は岩見沢へやってきました。
列車は手製のヘッドマークがついていることと客車の窓から大勢の人がはみ出していること以外は
普段目にしている列車と変わりは無く、もとより子供に蒸機の最終列車の意味がわかろうはずもなく、
ちょっと拍子抜けしたのを覚えています。

その最終列車を牽引した機関車はC57135号機だったわけですが、この抜擢は
NHKで放送されたドキュメント番組で山口百恵と加藤芳郎が乗ったことにちなんでと言われています。
当初の予定では最終列車はD51が牽引にあたる予定で、実際前日までD51がこの列車を牽いていました。
C57135号機にとってラッキーな抜擢でしたが、この半年前にもC57135号機にとって
ラッキーなことがありました。

P1060360.JPG
(NHK さらば蒸気機関車 昭和50年11月24日放送 岩見沢駅にて)

昭和50年夏、岩見沢第一機関区にて定期点検を受けていたC57135号機ですが、その時なんとフレームにヒビが見つかったのです。
機関車にとってフレームのヒビは大変なことなので、そのまま廃車という話もあったそうですが
一週間ほどかかって修理をして無事復帰となりました。
この時そのまま廃車になっていたら山口百恵が乗ることも、最終列車を牽引することも、交通博物館で
保存されることもおそらく無かったでしょう。

その後JR東日本の蒸気機関車動態復元計画の中でいったん復元機として選ばれましたが
当時のJR東日本の社長の「蒸気機関車と言えばデゴイチではないだろうか」との意向で
D51498号機が最終的に復元機として選ばれました。
C57135号機は現在では埼玉の鉄道博物館の転車台の上で大切に展示されています。

c57135-1.JPG




私も現在フレーム(背骨)折損中なので、C57135号機にあやかって
治ったら後に何か良いことがないかな〜との希望を持って、ちょっといつもと違うネタでした。


posted by スタッフS at 19:38| Comment(0) | 日記

2018年12月02日

さてさて12月

早いものでもう12月になってしまいました。
年内にもう5インチの乗車会はありませんので、おかげさまで
今年も事故なく終えることができました。

9月の鉄道サミットや10月の滝野乗車会が終わってからも
キノタウンの線路の撤収やもう来年の乗車会の打合せや下見などちまちまと動いておりました。
その中でも北海道鉄道サミットが縁で札幌市東区の模型店トイメイツさんで
トレジャータウンさんのパーツを扱っていただけるようになりました。
トイメイツ http://toimeitsu.hp.gogo.jp/pc/index.html
トレジャータウン http://www13.plala.or.jp/t-t_inmt/
鉄道サミットは、鉄道趣味団体が交流することでお互い協力しあいメリットを見出そうというのが趣旨なので、
早速このような動きがあるのは大変うれしい事です。

で、その北海道鉄道サミットのご報告をブログにあげるのが主催者としての責務なのですが
開催後に各鉄道模型誌編集部様へ開催報告という形で簡単なレポートをお送りしておりまして、
まず先にそちらが掲載されてからブログ公開というのがご協力いただいた出版社様への
礼儀かなと個人的には考えておりますので、そのような形にしようと思っております。
もしかして掲載されないかも知れないですが(笑)。
とれいん誌には11月発売号に記事が掲載されておりますよ。






最後は懐かしの建物で。
P1050970.JPG




posted by スタッフS at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年11月08日

ミニSLの秘密基地へレッツゴー!

先日やってきた5インチC57の整備打ち合わせのため、今日は某所にあるライブスチーム工場へ行ってきました。
こちらのご主人はご自分でライブスチームを製作されていて、今までに3台のD51を完成させています。
こちらは現在製作中の某所へ納入予定の車両で、1両をほぼ1年で作り上げるそうです。
IMG_1481.JPG
ゲージは7.5インチで私たちのC57より少し大き目です。

IMG_1475.JPG
小さい石炭スコップ

IMG_1474.JPG
昨日試運転を無事終えたそうです。

IMG_1482.JPG
とにかくデカい。

IMG_1476.JPG
加減弁は外側から操作する方式で本物と同じ構造。

IMG_1479.JPG
レバー式の加減弁ハンドル。カッコイイ!!。

工作機械がたくさん。
これを全部使いこなせるって凄い。
IMG_1483.JPG

IMG_1484.JPG

線路を作る時の治具
IMG_1490.JPG

部品や以前作った鋳物の木型なども大量にストックされていますが、入手のしやすい汎用品もたくさん使っていて「煙管なんかホーマックで売ってる水道管だよ〜あっはっは!」とのことでした。
この建物や使ってる排油ストーブまで全部手作りだそうです。
色々なお話を聞けて大変充実した日でした。
posted by スタッフS at 00:10| Comment(0) | 日記